ハッキングキー

防御サービス

コンピュータの情報を狙った攻撃では大きく分けて、無差別攻撃と標的型攻撃の2種類があります。客観視できる第三者が参入するだけで、脆弱性を高確率で発見してくれます。

Read More...

サイバー攻撃対策

WAFとその費用について

WAFは、WEBアプリケーションファイヤーウォールのことで、WEBアプリケーションのレベルで不正アクセスなどを管理する仕組みのことをいう。 通常のファイヤーウォールでは、企業や個人のネットワークに対し、外部から不正アクセスがされないように監視したり、問題を検知した場合はネットワークを遮断するなどにより、外部からの攻撃に対し守ることが中心であった。 しかし、WAFはクライアントとサーバー間でのデータ授受を監視することで、それらのやり取りに問題がないかを監視するためのものである。 WAFの活用では、社内で導入する場合には年額で数十万円程度必要となることが一般的である。クラウドサービスなどサービスとして活用する場合には月額数千円程度から利用できる場合もある。

サイバー攻撃に対する対策の変遷について

ファイヤーウォールでは、これまではパソコンやサーバーなどに導入し、それらのパソコンやサーバに対し、外部から不正アクセスや攻撃がされていないかを監視するものが中心であった。 しかし、WAFではそれらを応用する形で、WEBアプリケーションとのやり取りを監視することで、よりセキュリティレベルを上げようとするものとして登場してきた。 最近では、WEBサイトなどに対し改ざんが行われたり、不正にログインされてしまうなどの問題が多々発生している。これらが行われることで、ユーザ情報が盗み出されるなどの被害も出てきている。その為、これらを防ぐために、WEBアプリケーション自体を監視することで、よりセキュリティを高めるものとして利用されてきている。

標的型攻撃を防ぐ

パソコンの中にある情報を狙う、標的型攻撃を防ぐために個人だけでの防御で守ることは難しいです。第三者の視点を利用することで、問題点を比較的容易に見つけることに繋がります。

Read More...

スマホを守る

ネットワークの発展により多くの人がスマートフォンを利用するようになりました。セキュリティを怠ると、サーバーテロなどの攻撃を受けた際に大きな損傷を受けてしまいます。

Read More...